menu

相続の専門家を検索

認知症の父について

ピーさん 成年後見人 2015年3月23日 長崎県

81歳の父がいるのですが、だいぶ認知症が進んできています。私は海外に住んでいるのですが、介護施設との契約や、病院への入院などどのようにしたらよいでしょうか?

回答日:2015年3月23日

回答者:オール相続本部事務局

お父様はお一人で暮らしているということですね?この場合ですが、各施設等との契約などご本人が契約すべきところ、代理人がすべてできる成年後見制度があります。成年後見人になりますとご本人に変わって契約等ができるようになります。成年後見人には親族のほか、通常は弁護士、司法書士、行政書士などの専門家に依頼される方が多くいらっしゃいます。
認知症発症の前に予め後見人となる任意後見契約というのを行う方もいらっしゃいます。
詳しくは専門家にご相談ください。

回答日:2015年6月1日

代理人がご本人に代わって法律上の事務を行うことができる成年後見制度についてお答えいたします。

法定成年後見制度は、ご本人の判断能力減退のレベルに応じて、『後見』、『保佐』、『補助』の3段階にわかれており、いずれも家庭裁判所の審判が必要です。判断能力の判定は医師の診断によります。また、代理人の権限もそれぞれ異なりますので、ご検討の際の参考になればと思います。

ご本人の認知症の度合いが軽く、判断能力がまだ著しく衰えていない(上記の補助程度)のであれば、任意後見制度を利用することができます。任意後見制度は、ご本人の判断能力が低下する前にご本人と代理人になる予定の人との契約(公正証書)により、判断能力低下後、代理人がご本人に代わって介護施設との契約や、病院に入院する際の手続きなどを行うことができるものです。

法定後見、任意後見どちらもご本人の障害の程度やご家族等の事情に合わせて選択することができますので、具体的にお考えのようであれば、ぜひ一度、お近くの専門家にご相談なさっていただければと思います。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「成年後見人」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「成年後見人」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.