menu

相続の専門家を検索

次男だけに相続させたい

かじやさん 遺留分 2015年8月17日 東京都

創業45年の金属加工業を営んでいます。私で3代目です。財産は、株式と工場の敷地と現預金です。長男は、レストランを経営していて順調です。次男は、大学で金属花加工を学んでいます。会社と財産を次男だけに相続させ、会社を存続させたいと考えています。こういったことは可能でしょうか。

回答日:2015年8月17日

こんにちは

奥様とご子息が相続人になりますが、全員がそのような遺産分割に同意すれば次男だけが相続することは可能です。
ただし生前に遺産分割することは出来ません。

会社の株式の全てと財産の全てを次男に相続させる旨の遺言を書いたとしても、他の相続人には遺留分があります。確実な事業承継をお考えであれば、他の相続人の遺留分に配慮しつつ株式は次男さんに相続させるといった内容にするのが良いかと存じます。

また、「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」に規定された手続もあります。現経営者から後継者に贈与された株式を遺留分から除外するというものです。家庭裁判所の許可が必要な手続きですが、併せてご検討されると良いと思います。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺留分」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺留分」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.