menu

相続の専門家を検索

相続の選別、選択は可能でしょうか

夏平原さん 相続トラブル 2015年8月26日 北海道

私は母子家庭の一人息子です。
母と離婚して別居している血縁上の父が体調を崩して、相続の
ことを考えているという話が伝わってきたので、心配しておりま
す。
父は、小さいながらも事業をやってるそうで、それを私に遺し
たいと思っているそうなのですが、何人かの知人に聞くと、財産
といっても、プラスの資産とマイナスの債務があるから、中身を
ちゃんと確認した方が良いと、言われています。
そこで疑問なのですが、相続は、プラスの財産だけを
「おいしい所取り」することは可能なのでしょうか。
相続放棄というのは、放棄するなら全部放棄すること
になるのでしょうか。

回答日:2015年8月26日

ご回答いたします。

相続に関しては、3つの選択肢があります。
まず、普通に相続する場合を「単純承認」と言い、
この場合は、プラスの財産もマイナスの財産もすべて相続することになります。
次に、ご質問にも出てくる「相続放棄」ですが、
これは、プラスの財産もマイナスの財産もすべて放棄することになるので、
仮にプラスの財産がマイナスの財産を上回っていても、一切相続できません。

そしてもう一つ、「限定承認」という方法があります。
これはプラスの財産とマイナスの財産が拮抗しているような場合に、
相続した財産の範囲内で債務を返済し、余りがあれば、それを相続できます。
ただしこの方法は、相続人全員が揃って家庭裁判所に申し立てをしなければならないため、
あまり利用されていない方法となっています。

いずれにせよ、お父様がどのような財産を持っているのか、
確認できる範囲で確認しておいて、今後の方針を決めればよろしいと思います。

参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続トラブル」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続トラブル」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.