menu

相続の専門家を検索

前妻の子供の遺留分はどのくらいでしょう?

とみーさん 遺留分 2015年8月31日 東京都

主人は離婚歴があり、前妻との間に一人子供がいます。都内に不動産があり、主人が死亡時には全ての不動産は妻である私に、子供には1000万円程度の現金を相続させるよう遺言書を書くと言っています。不動産は2億程度ありますが、子供が遺言のないように不服があるとした場合、遺留分としてどのくらいの権利があるものでしょうか。

回答日:2015年8月31日

回答いたします。
とみーさん様とご主人様の間に子がいないとしますと、この場合、とみーさん様の相続分は全相続財産の3/4。前妻の子の遺留分は1/4です。なぜなら、子の相続分は1/2であり、遺留分はその半分となるからです。よって、不動産だけでも2億円相当としますと、最低でも前妻の子には5千万円の遺留分があることになります(その他金融資産があるとその1/4も加算されます)ので、ご主人様が1千万円を前妻の子に相続させる旨の遺言を残したとしても、遺留分に4千万円も満たないという事になり、前妻の子に、この、遺留分に満たない4千万円を請求される可能性があります。これを遺留分減殺請求といいます。
相続を円滑に進めるためにはこの遺言の内容が重要になってきます。特に遺留分に満たない遺言はマズい遺言ですので、まずは、ご主人様と一緒に、行政書士にご相談ください。
参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺留分」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺留分」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.