menu

相続の専門家を検索

節税対策を考慮した不動産の贈与・相続について

茶豆さん 相続税の申告 2015年9月3日 東京都

両親と2世帯住宅に住んでいます。
現在は家と土地は父の名義になっています。
両親も私も預貯金はあまりないので、両親が他界したときに不動産の相続税を支払うのが困難なことも考えられます。
両親は「生前贈与として不動産の名義変更をしても良い」と言ってくれています。
両親が存命中に生前贈与するのと、他界したときに相続するのでは、節税対策としてはどちらが有効なのでしょうか?

回答日:2015年9月3日

方法としては,①毎年110万円の贈与税の基礎控除枠を利用して,少しずつ贈与する,あるいは,②父から母へ配偶者の特別控除を利用して,自宅の一部を贈与するという方法があります。
ただ,自宅の評価額がわかりませんし,相続税自体が減っても,登記費用や登録免許税,不動産取得税等がかかりますので,どこまで,節税効果があるかはなんとも言えません。
税理士に相談されたらいいでしょう。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税の申告」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税の申告」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.