menu

相続の専門家を検索

相続人について

おばさん 法定相続人 2015年3月24日 群馬県

叔父、叔母は相続人になれますか?

回答日:2015年3月24日

回答者: 匿名

相続人については、①子供がいれば子供と配偶者、②子供がいなければ両親と配偶者、③子供も両親もいなければ兄弟姉妹と配偶者となります(民法887条、889条)なお、子供や兄弟姉妹がいなくとも、その子供がいる場合にはそれらの子供も相続人となりえます。これを代襲相続人といいます)。配偶者も、子供も両親も、兄弟姉妹もいなければ相続人不存在の状態になります。
したがって叔父、叔母は相続にはなりえません。では、全く財産が承継されないのかというと、特別縁故者として(民法958条の3)によって財産の承継ができる可能性があります。ただし、家庭裁判所への請求が必要になります。詳しくは専門家へご相談ください。

回答日:2015年5月31日

叔父様・叔母様が相続人になることはありませんが、甥または姪の立場の方が自分の死後、遺産を叔父様または叔母様に譲渡したいのであれば、遺言により遺産の受取人を指定する『遺贈』という方法があります。
その場合、他に相続人がいれば、財産の内容によっては、不動産登記や遺留分等の問題もありますので、具体的にお考えのようであれば、一度、お近くの専門家にご相談なさっていただければと思います。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「法定相続人」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「法定相続人」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.