menu

相続の専門家を検索

遺産相続の分配につて

ろんろんさん 遺産相続の準備 2015年10月7日 千葉県

息子が3人いるのですが同居している次男にはずっと世話になっていたので遺産を多く渡したいと思っています。ほかの2人の息子とは疎遠になってしまい数年に1度くらいしか会うことがないのであまり渡したくはありません。遺産の分配割合を遺書に書いても有効なのでしょうか。また生前に息子たちの同意などが必要になることはないですか。

回答日:2015年10月7日

ご回答いたします。

仰る通り、遺産の分配割合を内容として遺言書を作ることは可能ですし、
法律上も有効なものとして扱われます。
また、遺言を作るに際して、
息子さんの同意を得ることは必要ではありません。

ただし、ご自身が亡くなられた後、遺言の内容を巡って、
息子さんたちが激しく争うことを避けるためには、
遺言中に、そのような内容とした理由を明記することが大切です。
また、あらかじめ、息子さんたちに遺言を作ることを話しておくのも良いでしょう。

なお余談ですが、
財産の分け方を「割合」で書いた場合、
その割合通りに相続できるよう、土地などの売却が必要になるケースがあります。
そうなると、息子さんたちに手続面で負担をかけることになるので、
財産ごとに、相続する人を指定するのが良いかと思います。
(例えば、自宅の土地と建物=次男、●●銀行の預金=長男)

参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.