menu

相続の専門家を検索

遺産分割の基準になる金額

suzu0429さん 遺産相続の準備 2015年10月8日 埼玉県

父の相続について相談させてください。
父は再婚で、前妻との間に子供がいます。
母は既に他界しており、相続人は私と妹と前妻の子の3人です。
財産は自宅不動産と預貯金等の金融資産で、前妻の子には1/3相当のお金を支払って、その他の財産を私と妹で分けるという方向で話が進んでいます。
税務署の無料相談に行ったところ、生命保険も遺産に含まれると説明されました。ところが、市役所の弁護士相談に行ったところ、生命保険は遺産に含まれないと説明されました。
どの金額を基準にして1/3を計算するのか分からず困っています。
以下の2点についてご教示ください。
・生命保険は遺産に含まれるのか?
・不動産の評価には路線価や固定資産税評価額や公示価格等いろんな金額があり、かつ結構な差がありますが、どの金額で相続割合を計算すべきか?
以上、お願いします。

回答日:2015年10月8日

生命保険は遺産に含まれるか?
 相続税を支払う際の遺産にはなるが,遺産分割の対象となる遺産ではないということです。つまり,相続税を計算する際は,遺産に含めて総額を計算する(ただし,生命保険には一定の非課税枠があります)が,遺産分割においては,生命保険は受取人のみが取得し,純粋な遺産のみを法定相続分で分けるということも可能ということになります(例外はありますが・・・)。

どの金額で相続割合を計算すべきか?
話し合いで決めて構いません。実際裁判所で審判になった場合は,時価が基準になります。一般には公示価格に近いかも知れません。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.