menu

相続の専門家を検索

遺言書の役目

ゆうこさん 相続税 2015年11月6日 東京都

今放送しているドラマで遺言状があっても、配偶者に半分、残りを子供達で等分と言っていました。遺言書の意味とはなんですか?この先の放送で遺言書の意味や作成の仕方などでてくるのかもしれませんが、これじゃあ遺言書なんて意味ないのでは?と思ってしまいました。

回答日:2015年11月6日

遺言制度の目的は、遺言者の生前の意思を尊重し、死後の意思や財産処分を実現することにあります。
遺言で、遺産分割方法を指定したり、法定相続分とは異なる相続分を指定したり、相続人以外の第三者に贈与することだってできます。
その他にも、遺言で認知したり、未成年後見人の指定、遺言執行者の指定、相続人の排除もできます。
遺言に記載できる事項は法律で定められていますが、付言として残された方に感謝の気持ちを伝えることもできます。

回答日:2015年11月6日

回答ありがとうございます。
遺言書は単に資産の分配の仕方を指定する為だけのものではないのですね。丁寧にありがとうございます。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.