menu

相続の専門家を検索

遺言に遺産を全て長男に、と書かれている場合。

ようこどんさん 遺産相続の準備 2015年11月6日 岡山県

私の主人は四男です。
4人とも男の兄弟なので、誰が跡取りになるか、実家に入るか、で揉めました。
結果的に長男が跡を取るという事で決着はついたのですが、みんな正直なところ田舎の実家の跡を取るのは嫌だったみたいです。

後々また揉めたくないから、と長男の提案で先に遺言状を書いてもらう事が条件で実家に入ったのですが、その遺言状の内容が「全ての遺産を長男に相続する」といったものでした。

まだ義父も義母も存命で、田舎の地主なので結構な不動産もあります。

この場合、先に義父が亡くなると義母にも遺産は渡らないのでしょうか?
一度義母に渡ってから、義母が亡くなった時に全部長男に渡るのでしょうか?

回答日:2015年11月6日

ようこどんさんの質問にあるような内容の遺言を、養父の方が作成したのであれば、撤回されない限り、養父の遺産は養母にわたらず、長男の方がすべて相続することになります。
もっとも、このような遺言は、遺留分権利者の遺留分を侵害するので遺留分減殺請求することは可能です。
ただし、兄弟皆で話し合って、上記遺言を条件に跡取りになることを決めたのであれば、後々遺留分を主張することは、兄弟の仲が悪くなる可能性もあります。
遺留分に配慮した遺言書を作成すべきだったのではないかと、個人的には思います。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.