menu

相続の専門家を検索

遺言による遺産配分に納得できない

もんたさん 相続税 2015年11月12日 福岡県

質問させていただきます。よろしくお願いします。

二週間ほど前に、父が亡くなりました。
父は晩年体を壊して入院していましたが、私が近くに住んでいるということもあり、私と妻で身の回りの世話をしていました。
その父が遺言書を残していたのですが、何とそこには私の姉に全ての財産を譲るということが書かれていたようなのです。
確かに父は姉をかわいがっていましたが、現在は遠方に住んでおり、父や私たちと顔を合わせたのも数年前です。
何より、父を最後までサポートしていたのは私だという思いがあり、どうしても納得することができません。
このようなときはどうすればよいのでしょうか?
回答いただければ幸いです。

回答日:2015年11月12日

もんたさん初めまして。
ご質問にある、お父さんの残された遺言書の内容は、もんたさんの遺留分を侵害するものですので、遺留分減殺請求をお姉さんに対して行うことは可能です。
遺留分減殺請求は、訴訟によることなく内容証明郵便等で請求することも可能ですし、裁判手続として遺留分減殺による物件返還調停を家庭裁判所に申し立てるか、地方裁判所(又は請求額が140万円以下の場合は簡易裁判所)に遺留分減殺請求訴訟を提起して請求することもできます。
もし、お姉さんに対して遺留分減殺請求を行うことを考えていらっしゃるのであれば、まずはお近くの専門家(弁護士又は司法書士)のところに、ご相談にいかれることをお勧めいたします。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.