menu

相続の専門家を検索

相続税について

mさん 遺産相続の準備 2015年11月26日 東京都

親には多額の生命保険の死亡保険金がかけられています。受け取り人は兄であります。そこで質問です。いざ親が死亡したときに多額の死亡保険金は遺産相続の対象になるのでしょうか。税理士によってはなるという見解もあれば、民法上は相続財産ではないので遺産相続の対象にならないという見解もあります。正解はどちらでしょうか。

回答日:2015年11月26日

被相続人(亡くなった人)が契約者となり、掛け金を負担していた場合、相続税法では、死亡保険金も相続財産に含まれます。
ただし、相続人が契約者となって掛け金を負担している場合もあるかとあると思います。
受取人が契約者であれば、相続税ではなく、所得税(一時所得)が課税されます。
また、受取人が契約者以外であれば、贈与税が課税されます。
このように契約内容によって、税金の取り扱いが異なりますので留意ください。
   ご参考になれば幸いです。
   柴田博壽税理士事務所 
    e-mail : shibata-hirohisa@tkcnf.or.jp     
   http://shibata-zeirishi.tkcnf.com/pc/

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.