menu

相続の専門家を検索

相続税対策について

Kさん 相続税の申告 2015年11月26日 東京都

わたしは親から引き継いだ不動産業を営んでいます。現在は親から相続を受けた不動産の相続税を分納しています。だから、将来の子どもの相続税が心配でたまりません。土地の敷地が広いので財産評価が年数の経過に比例して減少することもありません。でも、現金はありません。何かよい節税方法案をいくつか提示していただけるとありがたいです。

回答日:2015年11月26日

Kさん はじめまして
お答えします。
不動産業の定義もかなり広いのですが、Kさんの場合、中でも「不動産賃貸」にあたるのでしょうか?
そうであるとして貸家(又は貸室)でしょうか。それとも貸地でしょうか。
実は、このことは、相続対策のうえでかなり重要となってきます。
つまり、相続税を軽減するためには、課税される相続財産の金額を減らすことにありますが、物理的に減らすこと以外に資産の運用方法を変えることで相続財産の評価を下げる効果があります。
そして何より、現状を知ることです。それは、相続税の課税される金額とそれに対する税額を知っておくことからスタートします。
そのうえで節税対策を行えば、よりマッチした方策も採れるのではないかと思います。
まず、不動産がどのような構成となっているかの分析からはじめることになりますね。
   よろしければご相談ください。
   ご参考になれば幸いです。
   柴田博壽税理士事務所 
    e-mail : shibata-hirohisa@tkcnf.or.jp     
   http://shibata-zeirishi.tkcnf.com/pc/

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税の申告」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税の申告」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.