menu

相続の専門家を検索

専業主婦のへそくりやパートの貯金、夫の死後はどのような扱いになるのか

もやしさん 遺産相続の準備 2015年11月26日 千葉県

子供のいない夫婦です。専業主婦である妻は、夫の収入から毎月コツコツへそくりを貯めていたとします。もし夫が死亡した場合、これまで妻が貯めたへそくりも夫婦の共有財産として扱われ、法定相続人(夫の両親または兄弟など)に分配しなければならなくなるのでしょうか。また、妻がパートをしていて、毎月数万円の収入を貯金していた場合も、その貯金は夫婦の共有財産として扱われ、法定相続人への分配が必要になるのでしょうか。

回答日:2015年11月26日

もやしさん はじめまして
ご主人が家計収入の大半を得て、その中から生活費として預かり、やりくりの結果の残余金はご主人に帰属するということになります。
しかし、もやしさんには、パートによる自身の収入があるようです。これは、ご主人に帰属する資金とはなりません。
よって、もやしさんのこれまでの年別(あるいは月別)の収入並びにもやしさんがご実家からもらったお金などの積み上げ計算を行います。
この金額を家庭内の全ての預金(ご主人名義+もやしさん名義)から差し引いたものがご主人の資金となります。少なくとも相続財産の計算において税務当局はそのように認定します。
常にもやしさん自身の資金を明確にしておくことが必要ですね。
また、ご主人の相続が発生した際、財産が少ないほど相続税は軽減されますが、その意味では
課税される財産を減らせばよいということになります。
その前に現状の財産総額と相続税額はいくらかを知る必要があります。
そのうえで、ご旅行などで楽しむのもよいでしょう。また、計画的にもやしさんに財産を
写していくことも考えられます。
なお、もやしさんの法定相続分は4分の3で、残りはご兄弟が分け合うということになりますね。
もし、ご主人が全額をもやしさんに相続したいとのお考えであれば、「遺言」を準備する必要があります。
   ご相談に応じています。
   よろしければご相談ください。
   ご参考になれば幸いです。
   柴田博壽税理士事務所 
    e-mail : shibata-hirohisa@tkcnf.or.jp     
   http://shibata-zeirishi.tkcnf.com/pc/

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.