menu

相続の専門家を検索

自社株を上手に下げる方法

太郎さん 相続税の申告 2015年12月2日 東京都

オーナー社長ですが、創業以来30年の積み重ねで内部留保の金額が大きいです。出資割合は私が70%、長男が30%です。非上場の株式なので換金ができません。このままでは死後に相続税が加算されても現金で納付できないのでは心配です。その自己株式をどう下げるのかが悩みの種になっています。まさか内部留保をどぶに捨てるわけにもいきません。何か自己株式を下げる方法はないのでしょうか。

回答日:2015年12月2日

太郎さん はじめまして
株価を引き下げ法としては、いくつかあります。
オーソドックスなのは、太郎さんが、勇退(分掌変更等も含みます)し、役員退職金を支払うことです。
これにより、「類似業種比準方式」の比準要素である利益及び総資産が減少します。
また、「純資産価額方式」の純資産も減少します。
よってどちらの方式による株価も引き下がります。

回答日:2015年12月3日

回答者: 匿名 司法書士,行政書士


株式の価額を下げるのとは違いますが、会社に株式を買い取ってもらう手もあると思います

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税の申告」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税の申告」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.