menu

相続の専門家を検索

祖母が山を所有していますが相続に関していかがでしょう。

レオパさん 遺産相続の準備 2015年12月2日 栃木県

現在、祖母と叔父から今後の相続について話をされています。
父が地方の山間部の生まれの次男ですが叔父(父の兄)家には娘しかいないとのことで父を経由して私に所有している山を相続しないかと聞かれています。

はっきりとはしていませんが、もし相続した場合に税金や維持費などがいくらかかるか全く分からず不安が残ります。
私としては相続せずに済むならばよいですがその場合は山はどうなるでしょうか。

回答日:2015年12月2日

レオパさん はじめまして
お答えします。
「山」というと一般的に地目が「山林」かと思います。ご当地栃木県では、さぞ、立派な杉がそびえ立っていることでしょう。また、雑木が床柱にできるほどに生育しているかも知れません。
山林の価値も地表そのものではなく、土地の上の立木の価値が高かった時代がありました。
しかし、昨今では、外材や合板材等の多様な建材の出現によって材木の需要も激減しているのが現状です。とてつもなく広大であれば別ですが、通常の場合、相続税が課税されるような評価の山林は極めて希ではないかと思われます。
また、立木も切り出すコストを考えると商業ベースまでは難しいと思われます。
しかし、居住地区に近い等立地条件がよければ、宅地化、企業誘致等利用価値を見出す余地は十分にあると思いますので、市の開発計画などを調べて、意思決定の材料にしてみてはいかがでしょう。
ご参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.