menu

相続の専門家を検索

初期の認知症なのですが遺言はつくれますか

kallochさん 遺産相続の準備 2015年4月21日 東京都

私の母は、最近、新しいことが覚えらなくなり、医師に診断してもらったところ、初期の認知症だと診断書をもらいました。
認知症の症状がある人が遺言を書いた場合、その遺言は有効なのでしょうか?
また、この場合どのようにすれば、法的に有効な遺言となりますでしょうか?
教えてください。

回答日:2015年4月21日

回答者: 匿名

認知症も初期段階であれば、
自筆・公正証書ともに遺言を作ることは可能です。

ですが、のちのち効果が疑わしいとして裁判沙汰になることもありますので、
きちんと認知症の専門医に診断をしてもらい、診断書を残しておくのがいいでしょう。
内容も難しいものだと理解できたかどうか疑わしいとなるので、
簡潔なものにしましょう。
また、公正証書遺言のほうが公証人と証人2人の合計3人がチェックしたということになるので、
より効果はしっかりしたものになります。

認知症が進み、後見人がいるような場合ですと
意思能力が回復したときに医師2名以上の立ち会い・認定のもとに
遺言を作ることになります。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.