menu

相続の専門家を検索

両親の墓は生前贈与になるのか

おたけさんさん 2015年12月11日 埼玉県

父が20年ほど前に亡くなりました。両親が暮らしていた場所の近所に納骨堂があり、そこにお骨を納めていました。母も年老いてきて、兄の住いのそばに、母がお金を出してお墓を作り、父のお骨を移しました。母もそこに入る予定です。兄の家族もその墓を守りながら、そこに入ることになりますので、両親の墓であるとともに兄の墓ということになります。私の住いは遠くにあるため、私の墓は別途準備をすることになります。両親の墓であるとともに兄の墓になるものを母のお金で準備したので、これは生前贈与になるのではないかと思えるのですが、どうでしょうか。もしなるなら、お墓の代金全額でしょうか。以上、よろしくお願いします。

回答日:2015年12月11日

一般的には、母親が購入したお墓を兄が引き継ぐ(祭祀継承)ということになると思われます。
現時点では母が使用者となっていると思われますが、生前贈与することも認められています。

ただ、祭祀の継承は生前贈与/通常に相続に関わらず、相続財産には計上されません。
従って、相続税の対象からも除外されます。

また、祭祀の継承を理由に遺産分割の金額の増減を主張する理由にはなりません。これは、「俺が墓守するのだから、多く遺産をよこせ」と言うことも、「100万相当のお墓を受け継いだのだから、その分遺産から差し引く」と言うこともできない、ということです。

祭祀継承は、誰が承継するのか等、ご家族でよく話し合われることが大事です。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「生前贈与」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「生前贈与」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.