menu

相続の専門家を検索

叔父が亡くなった場合の法定相続人

ぽぽだるまさん 2015年12月14日 東京都

独身の叔父の遺産相続人について教えてください。
55歳独身の叔父、59歳既婚の母、娘が2人います。私は娘なので姪の立場です。
叔父が亡くなった場合の法定相続人は誰になるでしょうか?祖父母は既に亡くなっていますが、亡くなった祖父には内縁関係の妻が存在していたそうで、認知をした子供が2人いるそうです。

回答日:2015年12月15日

ご質問に記載のある情報からですと、法定相続人は「59歳既婚の母」つまりご質問者様の母だけとなります。(他にご兄弟がいないという仮定です)

認知をした祖父の内縁の妻の子は関係ありません。

以下、余談になります。
法定相続の第一順位は子(孫)です。直系卑属といいます。
直系卑属がいない場合、第二順位となり、親(祖父母)、直系尊属となります。
それでも相続人がいない場合、兄弟となり、今回のパターンとなります。
配偶者は常に相続人です。配偶者プラス上記の相続人と考えてください。

祖父の内縁の妻については、血縁関係がないため、直系に該当しません。その子も同様です。

叔父の姉(ご質問者様の母)に全ての遺産を相続されるのであれば、特に遺言は必要ありません。遺留分が発生する親族もおりません。逆に言うと、叔父の姉以外に遺産を渡したい場合は必ず遺言が必要となります。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.