menu

相続の専門家を検索

相続税対策について

たいちさん 相続税の申告 2015年3月19日 広島県

相続税のことが気になります。相続税対策としてどのようなことを考えておけばいいですか?

回答日:2015年3月19日

回答者: 匿名

相続税の問題は、①相続税額をどうにかして低くできないかという問題と、②相続税をどうやって払うかという問題の2つに大きく分けられます。
①の問題については、遺産総額をいかにして低くできるかということの問題に帰着します。
相続が起こってからはこの対策は出来ませんので、予め考えておく必要があります。
土地については、小規模宅地等の特例を利用して評価額を下げる方法があります。
預金等の金融資産については、金額そのものがそのまま評価されてしまいますので、予め相続人に贈与するなどして財産を移転しておくことも検討できるでしょう。贈与の場合には年間110万円までは贈与税はかかりません。毎年少しずつではありますが、現預金を移転することも対策になります。また、保険の活用も考えられます。保険については、相続人×500万円の金額で評価額を下げることができます。税率が10%と考えた場合、50万円の節税効果があります。
なお、遺産総額が多額になる場合には、さらに信託を活用した対策ということも考えられるでしょう。

②の問題についてはかなり重要な問題になります。
基本的に相続税の支払いは相続開始後10ヶ月以内に申告する必要があります。もし、共同で相続した方がいる場合には共同で申告書を提出することになります。なお、配偶者控除や小規模宅地等の特例を使って結果的に納税額が0になる場合も、申告は必要になります。
その上で、相続税は深刻期限までに現金一括での納付することが基本となります。遅れてしまうと延滞税がかかります。ただし、相続税が10万円を超え、納付期限までに金銭での納付が困難であり、不動産などの担保を提供できる場合には、延滞申請書を提出して延納をすることもできます。
どちらにしても、相続税の納税額を確保することはとても重要です。
現預金資産がある場合にはいいですが、ない場合には不動産の売却するなりして納付しなければなりません。なお、このために保険を活用するケースも増えています。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税の申告」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税の申告」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.