menu

相続の専門家を検索

賃料を設定しながら実は払っていなかった分の請求について。

yusuke.kkeさん 2015年12月22日 京都府

中小企業の創業者が亡くなりました。登記上は会社が所有する戸建てに住んでおり、会社と創業者との間で月額30万円の賃貸借契約が結ばれており、契約書などの書類もありましたが今まで賃料が支払われたことがありませんでした。時効の及ばない部分については賃料を請求することができますか?その不動産には後継者である息子さんのご家族と創業者の奥さんが住んでいます。また新たに契約をし直して賃料を無償とした場合、何か問題はあるでしょうか?

回答日:2015年12月24日

創業者と質問者の関係がよくわかりませんが、会社が貸主で創業者が借主であれば、両者間での債権債務になり、貸主である会社は未払い賃料についてその債務を相続した人に請求できることにはなります。ただ創業者の後継者が会社を引き継ぐのであれば会社が当事者として請求するかは疑問です。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続トラブル」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続トラブル」に関する他の記事

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

ページトップへ

Copyright © 2017 All Partners Inc. All Rights Reserved.