menu

相続の専門家を検索

父親の所有する財産を可能な限り分配するための税金対策には何がありますか。

baito255さん 2015年12月24日 沖縄県

父親が所有している財産の多くを税金にとられないための対策には、どのような方法がありますか?母親も健在ですがデイサービスに通っていて少し認知症の症状があります。今後の対策として、ベストな方法を知りたいです。

回答日:2015年12月24日

baito255さん はじめまして
沖縄県の土地の評価もかなりのものとなっているようです。
さぞかし、推定相続財産も多額ではないかと思われます。
十分な相続対策を採ろうというお気持ちも十分理解ができます。
節税もまた、相続対策の一つとして考えられるのですが、実は、相続における対策には優先順位があります。
先ず、第1が「遺産を円満に分ける」ということです。この検討を無視した相続対策はないと言って過言ではありません。
第2に、相続税の納税資金の確保です。納税資金を無視した遺産分割もまた無謀と言わざるを得ないということになります。
そして第3に節税対策となります。1口に節税対策といっても手法としては数えきれないほどありますが、その中でもbaito255さんのご家族に相応しい対策はいくつかに絞られて来る筈です。
そのためには、推定相続財産がどれくらいなのか、そして相続税額はいくらなのかを知るということがとても重要です。
法定相続人の数によって違いますが、平均的な数3人ということであれば、推定相続財産が概ね5,000万円以内であれば相続税は課税されません。それであれば、納税資金の手当てを考える必要もなく、節税対策も要らないということになります。無駄な対策は不要で円満に遺産を分け合えさえすればよいということになります。
しかし、baito255さんのお父様は、基礎控除を遥かに超える資産をお持ちかと思います。
そうであるとすれば、どんな資産から構成されているかということが情報としてかなり重要なことです。。つまり、資産の内訳別の金額によっては、打ち手がまるで違うのです。
もっともポピュラーな例で申し上げると、流動性資産がある程度なければ、遺産分割にも納税資金に苦慮する事態にもなりかねません。baito255さんの希望される方法論もそのような情報をいただけば、必ず、見出せるものと確信しています。
よろしければご相談ください。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.