menu

相続の専門家を検索

家族の内の一人のみに財産を相続するという遺言書の法的扱いについて

TAさん 2015年12月25日 埼玉県

父親、母親、長男、次男、三男という家族構成の家庭があったとして、父親が長男のみに全財産を相続させるという遺言書を残した場合、長男以外には財産は相続されないのでしょうか。私としては、家族の内の一人のみに全財産が相続されるのは不公平なので、救済的な措置があって欲しいと思うのですが、法的にはそのような措置はあるのでしょうか。

回答日:2015年12月25日

TAさんはじめまして。
さて、ご質問にあるような、父親が長男のみに全財産を相続させるという遺言書を残した場合、かかる遺言は遺留分権利者(本件の場合は母親、次男、三男)の遺留分を侵害しています。
遺留分を侵害する遺言であっても遺言自体は無効とはなりませんが、遺留分権利者は遺留分減殺請求を受遺者である長男に対して行うことが認められています。
遺留分減殺請求権は、遺留分権利者が相続の開始及び減殺すべき贈与若しくは遺贈があったことを知った時から10年、又は相続開始の時から10年以内に行使しなければなりませんが、遺留分減殺請求の方法は、内容証明郵便の送付によってもできますし、遺留分減殺による物件返還請求調停を申し立てて行うことも可能です。
ご参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺言書」に関する相談Q&A

  • 兄弟間の遺産相続について

    1週間前母親が他界しました。私たちは五人の兄弟で私は4女です。遺産は土地だけで5...

    遺言書 2016年5月31日 パラワンオオヒラタクワガタさん 回答数:1

  • 遺言状が破損した場合。

    いつもお世話になっています。 お知恵を拝借したいことが出てきました。 先日、...

    遺言書 2016年6月1日 とまとさん 回答数:1

  • 遺言書についての質問

    父親の名義である持ち家を遺言書で子供Xに譲渡されると書かれていたとします。子供...

    遺言書 2016年5月30日 のりべんとうアタッチメントさん 回答数:2

  • 遺言状の効力について

    いつもお世話になっております。 遺言状の効力についてお聞きしたいです。 遺産...

    遺言書 2016年6月1日 たかみさん 回答数:2

  • 遺言書についての疑問

    父親の名義である持ち家を遺言書で子供Xに譲渡されると書かれていたとします。子供...

    遺言書 2016年5月30日 のりべんとうΩさん 回答数:0

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺言書」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.