menu

相続の専門家を検索

株の税金のついて

まりこさん 2015年12月26日 山形県

旦那の財産に資産運用目的で保有している株券があります。相続する際に現金と同じように相続税がかかるのは理解しています。そこで質問です。株券を現金に替える時の利益に対して税金がかかると思うのですが相続した株の場合はどうなるのでしょうか。株を購入していないので利益は出ていないので相続税のみで良いと思うのですが違うのでしょうか。

回答日:2015年12月26日

まりこさん はじめまして
お答えします。
まず、”株式を現金に換える”ということは、紛れもなく、株式を売却する(「株式の譲渡」といいます)ということになります。
譲渡すると譲渡益または、譲渡損が生じます。このときの譲渡損益は、譲渡価額(売却金額)から取得費(取得価額)と売却手数料を差し引いて計算します。
まりこさんのご主人の場合、確かに株式をご自身が購入した訳ではないのですが、被相続人の方が購入した価額を引き継いで取得費とすることができます。
よって、株式の譲渡を行ったことによって、必然的に納税額が発生するというものではなく、取得費と譲渡価額が同額であれば、譲渡損益が0ということになりますし、また僅かの譲渡益があっても売却手数料の金額如何では、譲渡損が生じる場合もあります。
いずれにしましても株式の譲渡を行っても譲渡益が出なければ所得税が課税されることはありません。
ただし、被相続人の方の取得した時期が不明または、取得金額が不明となると損益計算が少し厄介なことになりますね。
ご相談に応じています。
よろしかったらご相談ください。

※【参考】国税庁HP(譲渡した株式等の取得費について)
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1464.htm

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.