menu

相続の専門家を検索

実家の権利と借金について

chokokuroさん 2015年12月27日 東京都

3人兄弟の長女です。主人と2人の娘がいます。弟は結婚して子どもが1人、実家から1駅離れたところに自分の家を建てています。3年前に母が亡くなり、父が妹と一緒に実家で暮らしています。父はすでに年金暮らしなのですが、年金だけでは生活できず、カードを使っています。最近、その借入額がMAXになったらしく、カードが使えなくなったのでお金を貸してほしいと言ってきました。正式な金額はわかりませんが、カードの支払い以外にも借金があるようです。寝たきりだった母の面倒や、父を含めた実家の水道光熱費等を妹が全てになっていたため、実家は妹に渡すと父が言っているのですが、その場合、借金の返済についてはどうなるのでしょうか。遺産にはプラスだけではなく、マイナス部分の相続もあると聞いたので心配しています。

回答日:2015年12月28日

おっしゃるとおり、遺産にはプラスとマイナスの遺産があります。
プラスの遺産については、相続人全員でどのように分割されても構いません。実家の不動産を妹一人に相続されるように決めても構いません。
マイナスの遺産については、遺産分割の対象とはなりませんので、相続人全員に法定での割合で相続されることになります。つまり、今回の場合は均等に3分の1ずつの借金を背負うことになります。

このように義務を負わないようにするには、相続放棄と限定承認があります。
相続放棄は、プラスもマイナスも全て放棄することです。今回は妹以外にはマイナスの遺産しかないので放棄をした場合、放棄をした人は初めから相続人でなかったことになるので、妹一人が全てのマイナスの遺産も相続することになります。
ちなみに、妹も放棄した場合、子かいないのと同じことになり、第二相続として尊属(親や祖父母)が相続人となり、尊属もすでにいなければ、第三相続として、父の兄弟姉妹が相続人となり、実家とマイナスの財産を相続することになります。

限定承認は、プラス(実家)の財産の範囲でのみマイナスの遺産を引き継ぐことになります。

どちらも相続があったことを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所への手続が必要です。
また、手続を行う前に遺産に手をつけてしまうと、単純相続したとみなされてしまうので注意してください。

専門家へ相談されることをお勧めします。

回答日:2015年12月28日

わかりやすい回答をありがとうございました。
実際相続となった場合は、専門家に相談したいと思います。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.