menu

相続の専門家を検索

非課税額が減ってしまうでしょうか?

中之条さん 2016年1月4日 東京都

生命保険金については非課税制度があることを知りました。保険金の金額が大きくなりそうなので、この制度を利用したいと考えています。ただ、相続人の一人が放棄したいと検討しています。この制度は、相続人の数に応じてその金額が違ってくるということで、放棄してしまうと非課税金額が低くなってしまうと考えています。どうなのでしょうか。

回答日:2016年1月5日

平成27年1月1日以後に相続が開始(被相続人が死亡)した場合の基礎控除額の計算は、
 3,000万円+600万円×法定相続人の数
となります。この法定相続人の数は、相続の放棄をした人がいても、その放棄がなかったものとした場合の相続人の数をいいます。

回答日:2016年1月19日

回答者: 匿名 行政書士

生命保険金の受取人が相続人の時は、生命保険金は、500万円×法定相続人数まで非課税になります。
たとえ相続放棄をした相続人がいても、非課税金額を計算する時は、法定相続人の数に含んで計算します。
ただし、相続放棄をした人は非課税金額の適用は受けられません。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.