menu

相続の専門家を検索

将来兄弟で揉めないようにするにはどうすればいいか

もなこさん 2016年1月8日 熊本県

私には、兄と妹がいます。私は結婚して地元を離れて暮らしているのですが、もしもの時には相続で揉めないようにと両親から言われています。兄も結婚していて両親と暮らしていませんが、妹が両親と暮らしています。私の考えでは、将来的に両親と暮らしてくれる妹に財産を譲ればいいと思っているのですが、両親はみんなで仲良く分けて欲しいと思っているようです。兄はこの件に関して一切の発言をしていません。妹は、自分がもらうべきだと考えているようです。このような場合、両親の意見を必ず尊重しなければならないのでしょうか?兄弟同士で揉めたくないので知恵をお貸しいただけないでしょうか。

回答日:2016年1月8日

両親や兄弟と話し合いができるのであればこの時点で話し合ってそれを遺言書という形にすることは考えられます。それが出来なくて相続になった場合には、その時点で話し合うか遺産分割調停の中で、調停委員の介在の下で協議(それ自体は必ずしも争いではない)をすることになります。

回答日:2016年1月8日

もなこさん初めまして、行政書士の藤井と申します。
ご質問の件ですが、ご両親はもしもの時に相続で揉めないようにと仰っているとの事ですが、であればご両親がお元気なうちに、一度相続についてのご両親の想い、ご兄弟の考えをざっくばらんに話し合う場を設けては如何でしょう?思い出して下さい。もなこさんが小さい頃クリスマスのケーキを兄弟で分ける時、兄弟それぞれの「私はイチゴがのっている所が良い」「僕はサンタさんの所が良い」「お兄ちゃんの方が大きい」「いやもなこの方が大きい」などと言った兄弟の不満の声をお母さんが優しく諭しながら兄弟にケーキを切り分けてくれた事があったのでは無いでしょうか?想像して下さい。もし、その時にお母さんが兄弟の前にケーキをポンと置いてあんた達で勝手に分けなさいと言っていたらどうなったでしょうか?

恐らくかなりの確率でケンカになってしまったのではないでしょうか?遺言のない相続もそれと似たようなものです。「両親はみんなで仲良く分けて欲しい」「兄はこの件に関して一切の発言をしていない」「妹は、自分がもらうべきだと考えている」という事ですが、ご両親がもし「もしもの時には相続で揉めないように」と仰っているのであれば是非お元気なうちにみんなで話し合って合意形成をしては如何でしょうか?、そして、それに基づいて遺言を作成しては如何でしょう?

ご両親がお元気なうちであればある程度ご兄弟の間でも、いわゆる「親の手前」といった心理が働きます。しかし、いくら「家は兄弟仲が良いから」などと思っていても、親が亡くなりそういった歯止めが利かなくなると状況は変わって来るものです。

極端な言い方かも知れませんが、ある意味相続は話し合うから揉めるのです。親亡き後兄弟が話し合わなくても良いようにご両親がお元気なうちに遺言を残して頂くのが一番の「争族」回避策だと思います。

以上、もなこさんのご参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.