menu

相続の専門家を検索

相続人の一人が音信不通な場合の手続き

のきなみさん 2016年2月1日 東京都

私の叔父は若い頃に家を出て行ってしまい、現在連絡がつかず、どこにいるかも分かりません。数年前に祖父母のところに連絡があったようですが、それっきりでこちらから連絡を取ることはできません。祖父母は預金も少なく、手持ちは家とその土地だけなのですが、相続にあたり叔父と連絡がつかないことによって手間が増えてしまうのは避けたいと考えています。叔父の相続分がない遺言を書くことで対策しようと考えていますが、もし遺言がない場合はどのような手続きが必要になりますか。例えば、叔父と連絡が取れない場合はどのようにして遺産分割を進めれば良いのでしょうか。よろしくお願いいたします。

回答日:2016年2月1日

のきなみさん初めまして。
ご質問の中に叔父さんから数年前に連絡があったとのことですので、まずは叔父さんが所在不明の場合から説明します。
ご存知かと思いますが、遺産分割協議は共同相続人全員で行わなければならないため、叔父さんも参加しなければ協議は原則としてできません。
そのため、叔父さんが所在不明の場合、叔父さんが財産管理人を選任している場合はかかる財産管理人に協議に参加してもらうことになります。
もっとも、叔父さんが財産管理人を選任していることは考えにくいため、その場合は、共同相続人が利害関係人として、叔父さんの最後の住所地を管轄する家庭裁判所に、財産管理人の選任を求めることになります。
そして、かかる財産管理人が遺産分割協議に参加することになります。
次に、生死不明の場合は、失踪宣告の要件(失踪してから7年間生死不明)を満たしている場合は、不在者の住所地の家庭裁判所に失踪宣告の申立を行い、叔父さんに相続人がいればその相続人が、相続人がいることが明らかでなければ、家庭裁判所に相続財産管理人の選任申立を行うことになります。
そして、かかる相続財産管理人が遺産分割協議に参加することになります。
最後に、いずれの場合でも手続が煩雑となり遺産分割協議を行うのに時間も費用もかかることを考えると、ご質問にあるように遺言を作成しておいたほうがよいでしょう。
ご参考になれば幸いです。

回答日:2016年2月2日

とても参考になりました。ありがとうございます。早めに遺言を作成するようにします。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.