menu

相続の専門家を検索

相続について。

kotarouさん 2016年2月2日 兵庫県

叔父(父の弟)の息子の妻は再婚で、前の結婚時に息子がいました。いわゆる「連れ子婚」なのです。叔父は一代で会社を築き上げて現在も順調に経営しており、血のつながりのない子には1円も渡したくないと甥っ子にあたる自分に全て生前贈与したいと申し出てきました。ここで問題となっている連れ子婚の息子といとこは養子縁組をしています。もし自分が生前贈与したら、本当に叔父の妻や息子、連れ子には1円も渡らないのでしょうか?逆恨みがこわくて困っています。

回答日:2016年2月3日

生前贈与しても、遺留分は発生しますので、1円も渡らないということはありません。

従って、叔父が亡くなった場合、全ての財産を生前贈与してあったとしても、叔父の妻、息子には遺留分が発生します。
養子縁組をしているのは、いとこである叔父の息子(養親)とその妻の連れ子(養子)なので、叔父の息子が存命であれば、養子は関係ありません。

逆恨みされないように日頃からの関係を大事になさってください。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.