menu

相続の専門家を検索

離婚した父の遺産相続について

ユマさん 2016年2月4日 千葉県

私の父と母は私が幼い頃、離婚しており、子供は私だけで私は母方についていきました。離婚後も父とは連絡を取り合っており、今も気兼ねなく会える様な仲です。父は再婚もせず、ずっと独り身なのですが、父の両親も、親戚もおらず、遺産相続については、どうしたら良いのかわかりません。戸籍上は他人ではありますが、父はたった1人の子供の私に任せたいと言っております。ですが、その為には何か事前に準備しておく事があるのでしょうか?

回答日:2016年2月4日

子どもがユマさんお一人でお父様が再婚をしなければ、相続人はユマさんお一人になります。

事前の準備としては、お父さまがどんな財産を有しているか(銀行支店名や証券会社、保険、不動産など)を確認しておく事や、葬儀に関して希望はあるかなどを聞いておくと良いと思います。
市販のエンディングノートを活用されると良いと思いますよ。

回答日:2016年2月4日

ユマさん初めまして。
お父さんに万が一のことがあった時の相続に関する事前準備としては、以下のことが考えられます。
①エンディングノートの作成
お父さんが亡くなった際の葬式や埋葬方法の指定、遺言書を作成した場合はその保管者又は保管場所、遺産の目録、お父さんのこれまでの想いと死後残された者たちへの想い等をいざというときのために、エンディングノートに綴ってもらうとよいのではないでしょうか。
②相続税対策
ご質問内容を見る限り、お父さんの法定相続人は、おそらくユマさん1人でしょうから、そうすると相続税控除額は3600万円(3000万円+600万円✕法定相続人の数)ですので、これを上回りそうな場合は、相続税対策が必要となるかもしれませんので、税理士の方にご相談されるとよいでしょう。
③お父さんのご高齢化による介護や財産管理
お父さんが今は元気かもしれませんが、歳を重ねるにつれて病気を発症したりして介護等が必要となるかもしれませんし、認知症を発症し財産管理が必要となるかもしれません。そこで、ユマさんご自身がお父さんの面倒を遠い将来ご自身でみるのであれば不要とは思いますが、そうでない場合、見守り契約+任意後見契約+(死後事務委任契約)を専門家の方と締結し、お父さんの財産管理等をしてもらうことも視野にいれておいてもよいかと思います。
④相続に関する知識をご自身で勉強されること
相続の知識を持っているのとないのとでは、全然違います。
⑤信頼できる専門家を探しておくこと
②や③とも関連しますが、いざ、お父さんの相続に関してトラブルになった場合に備えて、気軽に相談できるお近くの専門家を探しておくことにより、手遅れになる前に解決できる可能性が高まります。
(⑥相続放棄)
相続放棄は事前にはできませんので事前準備にはあたらないのですが、もしお父さんの相続財産がプラスの財産よりマイナスの財産が多い場合は、相続放棄という手続があるぐらいのことを知っておいても良いかも知れません。
以上、事前準備について色々と書かせていただきましたが、現在気兼ねなくお父さんとお会いできている状態であれば、その関係を崩さずこれからも維持し、お父さんに万一なにかあった場合はどうするかをちゃんと事前に確認しておくことこそが一番重要であると考えます。戸籍上は他人であっても、血縁上の親子であることには違いありませんし。
事前準備には私が書いたこと以外にもあるかもしれませんので、他の専門家の方の回答も参考にしてみてください。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.