menu

相続の専門家を検索

叔父が祖父の土地・建物を生前贈与されたのに占有取得といっている。

yusuke.iiさん 2016年2月4日 京都府

私の祖父が亡くなり、叔父が生前贈与として土地・建物を受け取っていました。亡くなる約12年前のことです。そのまま住み続けていましたが祖父は施設に約10年過ごし、介護は叔父と父の兄弟2人でやっていました。現金・証券は介護費用で精算し、相続財産として残ったのは土地・建物だけだったので名義はそのまま叔父とし、評価額の半分を現金で支払ってもらうようにいいましたが占有取得といわれました。父は何ももらえないのでしょうか?

回答日:2016年2月4日

祖父が亡くなった時点で,遺産は残っていなかったのですから,叔父に対する生前贈与分を考慮しても,父が受け取る遺産はありません。
叔父に何か請求することができるとしたら遺留分減殺請求をすることになりますが,最大限もらえるのは,土地・建物の評価額の4分の1です。
なお,遺留分減殺請求は,相続開始及び生前贈与を知った時から1年以内にする必要があります。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続トラブル」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続トラブル」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.