menu

相続の専門家を検索

借金は全て相続する必要があるのか?

3aさん 2016年2月5日 東京都

友人が悩んでいることなのですが、その友人のお父さまには借金が数百万円あるそうです。そのお父さまさまに何かあった時には、相続人である友人にその借金がまわってきてしまうと心配しているのですが、その友人もそんな大金返せない、と話しています。何だか気の毒です。お父さまの生前から、何か良い対策などがあれば教えて下さい。

回答日:2016年2月8日

相続の放棄または限定承認をすれば、お父様のマイナスの遺産を相続して返済する義務はなくなります。

相続の放棄は、プラスの遺産もマイナスの遺産も全てを初めから相続がなかったことにします。従って、放棄した結果、第一順位である子(卑属)がいなくなってしまったら、第二順位の親(尊属)へ相続が移り、第二順位もいなければ第三順位の兄弟姉妹へ相続が移ります。なので、マイナスの遺産を相続させたくない場合は、第三順位までの相続人全員が放棄をする必要があります。

限定承認は、プラスの遺産の範囲でのみマイナスの遺産を相続する、というものです。

いずれの場合にせよ、相続が開始したことを知ってから3ヶ月以内に手続を行う必要があります。

生前からできる対策としては、債権者の権利を守るためにも、第一に完済して頂くことに注力して頂くということでしょう。
第二に、相続の放棄とするか、限定承認をするかを決めておき、その手続の方法等を調べておくことでしょう。
事前に専門家に相談しておくのも良いと思います。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続手続き」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続手続き」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.