menu

相続の専門家を検索

銀行によって、相続の書類が異なるのはなぜ?

あもこさん 2016年2月5日 東京都

相続の手続きをしようと、いろいろな銀行を回った時の話です。地元の信用金庫や、大きな都市銀行までいくつかの金融機関にいったのですが、原戸籍の原本が必要ですと言われたり、コピーで大丈夫だったり、提出する原戸籍の範囲もマチマチでした。金融機関でも、対応が違うことに驚いたのですが、これは金額に寄って、必要なものが異なるということなのでしょうか?疑問に思ったので、教えて頂ければと思います。

回答日:2016年2月9日

あもこさん初めまして。
おっしゃるとおり、預貯金等の名義書換手続は、金融機関ごとに多少異なっていますね。ゆうちょ銀行の場合は同行独自の委任状が必要となりますし。
考えられる理由の一つは、具体的な手続自体は法律で厳密に定められているわけではなく、各金融機関の内規によって定められているからではないかと思われます。全国銀行協会が、各金融機関によって取り扱いが異なることを認めていることを、同協会のHP上でも確認できます。
ただし、金額によって必要なものが異なるのではないと思います。
あまりお役にはたてませんでしたが、少しでもご参考になればと思い回答させていただきました。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続手続き」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続手続き」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.