menu

相続の専門家を検索

借金と保険金の相殺について

けるけるさん 2016年2月8日 東京都

はじめまして。終活の一環として身辺の金融資産の整理を始めました。現状不動産と保険金が主な金融資産となりますが、不動産の購入に伴う銀行からの借り入れが相当な金額残っている状況です。不動産は相続税の減額を意識して、コンサルティングを受けて購入しましたが、保険金と借入金の相殺など、事前の遺言等で準備しておいたほうがよろしいことはありますか?

回答日:2016年2月21日

遺言に保険金と借入金の相殺について遺しても、基本的には拘束力をもちません。「お願い」として相殺方法について指定する、という形になりますが、何をどのように返済するのか?等、ご自身の考えを残さず記載しておくことはとても重要なことだと思います。

恐らく不動産には抵当権がついていると思いますし、保険金は生命保険で死亡時の受取人をどなたに指定しているかと思います。それらの条件によりアドバイスが変わってくることをご承知おきください。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「土地活用・賃貸経営」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「土地活用・賃貸経営」に関する他の記事

会員登録で弁護士・税理士などへ無料相談!

オール相続は、人の専門家が登録する日本最大級の「相続・終活」の情報ポータルサイトです。

会員登録で、マイページから士業への質問を投稿することができ、無料で回答してもらえます。

オール相続のメニュー

ページトップへ

Copyright © 2017 All Partners Inc. All Rights Reserved.