menu

相続の専門家を検索

遺言書と遺書の違い

やまださん 2016年2月8日 愛知県

馬鹿げた質問かもしれませんが、遺書と遺言書とでは法的な意味合いが変わるのでしょうか?
たとえば「遺書」と題した書面に相続に関する遺言が書かれているものでは、遺言として認められないということはありますか?
自分が死んだときのために書いておいたものがあるのですが「遺書」と書いてしまったので、書き直す必要があるのか気になっています。

回答日:2016年2月9日

表題が遺書であっても,形式,内容が遺言であれば,遺言としての効力が認められます。
ただ,遺書と書いたということは,専門家に内容を確認してもらっていないのでは。
内容が,遺言として問題がないか,一度,専門家に見てもらった方がいいでしょう。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺言書」に関する相談Q&A

  • 兄弟間の遺産相続について

    1週間前母親が他界しました。私たちは五人の兄弟で私は4女です。遺産は土地だけで5...

    遺言書 2016年5月31日 パラワンオオヒラタクワガタさん 回答数:1

  • 遺言状が破損した場合。

    いつもお世話になっています。 お知恵を拝借したいことが出てきました。 先日、...

    遺言書 2016年6月1日 とまとさん 回答数:1

  • 遺言書についての質問

    父親の名義である持ち家を遺言書で子供Xに譲渡されると書かれていたとします。子供...

    遺言書 2016年5月30日 のりべんとうアタッチメントさん 回答数:2

  • 遺言状の効力について

    いつもお世話になっております。 遺言状の効力についてお聞きしたいです。 遺産...

    遺言書 2016年6月1日 たかみさん 回答数:2

  • 遺言書についての疑問

    父親の名義である持ち家を遺言書で子供Xに譲渡されると書かれていたとします。子供...

    遺言書 2016年5月30日 のりべんとうΩさん 回答数:0

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺言書」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.