menu

相続の専門家を検索

異母兄弟が存在する場合

haruさん 2016年2月9日 東京都

相続をする時に、子どもは常に相続人になるということを知りました。もし、父親に前妻がいて、二人の間に子どもがいた場合、その子どもも相続人になるということかと思うのですが、その人が一体誰なのかも分からず、どこに住んでいるかも分からず、連絡も全く取れない場合、どのように相続を進めれば良いのでしょうか?教えて下さい。

回答日:2016年2月9日

haru様、初めまして。

ご質問の件ですが、相続が発生して、まず行うべきことは、被相続人(亡くなられた方のことです。)の出生から死亡までの戸籍謄本(証明書)を取得し、必要があれば、そこから派生した戸籍謄本等を取得することです。
これによって、被相続人の相続人全員を確定させます。
併せて、被相続人の遺言があれば、検認の手続(家庭裁判所で遺言が存在することを確認してもらう手続のことです。)等を行った上で、遺言に従った相続財産の処分をすることになりますし、遺言がなければ、相続人全員で遺産分割協議の話し合いを行うことになります。
(任意で話し合いがまとまらなければ、家庭裁判所で調停の手続を取ってもらうことになります。)

その際に、haru様のお父様に前妻がおられたり、その前妻との間にお子様がおられれば、当然、戸籍謄本を追跡していく中で、戸籍謄本に現れてくることになりますので、そこで、異母兄弟等の存在が判ることになります。
異母兄弟が存在することが明らかになれば、最終的には、その方々の現在の本籍地宛に戸籍の附票を請求することで、その方々の住所が分かります。

その上で、連絡を取ってみて、協議を試みるというのが、通常の相続手続の流れとなります。

ただ、全く面識もない異母兄弟の方に対して、どのように連絡すればよいかと思われるようでしたら、専門家に依頼されることをご検討されては如何かと存じます。

簡単ですが、ご参考になさってください。

回答日:2016年2月9日

haru様、初めまして。

ご質問の件ですが、相続が発生して、まず行うべきことは、被相続人(亡くなられた方のことです。)の出生から死亡までの戸籍謄本(証明書)を取得し、必要があれば、そこから派生した戸籍謄本等を取得することです。
これによって、被相続人の相続人全員を確定させます。
併せて、被相続人の遺言があれば、検認の手続(家庭裁判所で遺言が存在することを確認してもらう手続のことです。)等を行った上で、遺言に従った相続財産の処分をすることになりますし、遺言がなければ、相続人全員で遺産分割協議の話し合いを行うことになります。
(任意で話し合いがまとまらなければ、家庭裁判所で調停の手続を取ってもらうことになります。)

その際に、haru様のお父様に前妻がおられたり、その前妻との間にお子様がおられれば、当然、戸籍謄本を追跡していく中で、戸籍謄本に現れてくることになりますので、そこで、異母兄弟等の存在が判ることになります。
異母兄弟が存在することが明らかになれば、最終的には、その方々の現在の本籍地宛に戸籍の附票を請求することで、その方々の住所が分かります。

その上で、連絡を取ってみて、協議を試みるというのが、通常の相続手続の流れとなります。

ただ、全く面識もない異母兄弟の方に対して、どのように連絡すればよいかと思われるようでしたら、専門家に依頼されることをご検討されては如何かと存じます。

簡単ですが、ご参考になさってください。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「法定相続人」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「法定相続人」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.