menu

相続の専門家を検索

亡くなった人の口座がある銀行への連絡について

ハットさん 2016年2月9日 東京都

知人と話をしていた時に、「ひとつの銀行にその人(例えば、自分の親)が亡くなったと伝えれば、どの金融機関にも連絡が行くと思う」という話を耳にしたのですが、私はそうではないと思っていました。その認識が正しいのでしょうか?みずほならみずほ、UFJならUFJに連絡をする必要がありますよね?基本的なことですが、教えて下さい。

回答日:2016年2月10日

ハットさん初めまして。
金融機関が預貯金口座の名義人の死亡を把握するのは、相続人からの届出、新聞のお悔やみ欄、外回りの営業マンが訪問した際に知った場合等です。
知人が話していらっしゃる、ひとつの銀行で預貯金口座の名義人が死亡したことを把握したからといって、他の金融機関にその情報が行くことはないと思いますし、そのような情報ネットワークがあることを私は聞いたことがありません。
亡くなった方が、例えばUFJに口座を開設していたとしても、みずほに口座を開設しているとは限りませんし、ネットワークを構築するには膨大なデータを共有することになるからです。
ですので、被相続人が死亡した場合には、同人が保有する口座のある各金融機関毎に死亡届出を出すことになります。
ご参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続手続き」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続手続き」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.