menu

相続の専門家を検索

300坪の土地の相続について

tonyさん 2016年2月10日 神奈川県

三男二女の5人兄弟です。8年前に父が亡くなり300坪の土地と家が残りましたが、誰も相続のことを言い出さないために、現在もそのまま父名義となっております。私は末っ子ですので、私から言い出すのは抵抗があるのですが、どうなるのか知っておかなくてはと思い質問させていただきました。確か被相続人が亡くなってから10ヶ月以内に相続手続きをしなければならないと聞いたことがあります。兄弟もめることがないように相続するには、今後はどのような手続きをしたら良いのでしょうか?それと母は39年前に既に他界しております。

回答日:2016年2月11日

相続財産である土地の面積からいうと、税務署から相続税の申告に関する案内があってしかるべきところ、そのような案内もなく、まして相続税申告を行わずに8年以上も経過しているとなれば、土地の評価が相続税の基礎控除以下であった可能性がありますね。
平成26年以前の相続税の基礎控除は、5000万円と法定相続人1人あたり1000万円の合計額でした。そうしますと法定相続人が5人であるTonyさんの場合、基礎控除は1億円となります。
従って、100,000,000÷990㎡(300坪)≒101,000円の算式により、相続税評価額が1㎡あたり101千円以下であったので相続税額は発生しなかったとも言えます。
相続税額が発生しない場合でも「遺産の分割」は行われるのが一般的ですが、今もって遺産分割が行われていないということです。相続財産である土地建物は、兄弟の誰かが、居住していたという事情があったのでしょうか?その場合は、分割することは困難ですね。
しかし、そのような場合でも方法論はいくつか考えられます。
 兄弟の法定相続分は、各5分の1ですが、必ずしもそれに拘ることなく全員の協議で決定すればよいでしょう。
(1)売却した代金を分け合う(換価分割)、
(2)遺産を取得した人が、他の兄弟には応分の金銭や他の資産を渡す(代償分割)、
(3)とりあえず、共有の持ち分登記を行う
などのほか、土地上に賃貸建物(収益物件)を取得するなどの方法もあろうかと思います。
なお、所有権移転登記に関し、義務はありませんが、未登記のまま、永年放置した結果、脈々と子孫の代に遷移して、ついに相続権をもった人が100人に達した悲惨な事態があったというのも事実です。早めの遺産分割をお勧めします。

回答日:2016年2月11日

分割の内容は今後と言うことになりますが、進行として、まずは全員で協議をして合意できるかを探る、できない場合には誰かが調停を申し立てる、と言う手順でしょう。先取りして調停を申し立ててそこで協議をする、と言うこともありかと思います。調停申立としては、一応方針について意見を共通にする何人かが、必要により同じ弁護士に依頼して、そのほかの相続人を相手方として、その相手方の住所地の裁判所に申し立てを行う、と言うことになります。ただ申立については戸籍をさかのぼってそろえるなど結構煩雑になるので弁護士に委任することを考えてもいいでしょう。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続トラブル」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続トラブル」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.