menu

相続の専門家を検索

成年後見人の解任について

tonyさん 2016年2月10日 神奈川県

長男は幼いころから重度の障害者で障害者年金をもらっていて、次男と同居している。長男は74歳で脳梗塞になり、次男が成年後見人を付けた。その後、遺産分割協議等いろいろなことがありましたが、現在では何事もない状況です。兄弟は5人です。成年後見人には、毎月費用がかかります。その費用はたぶん障害者年金から支払われていると思いますが、その成年後見人は長男が死ぬまで付けなければいけないものなのでしょうか?途中で断ることは出来ないものなのでしょうか?

回答日:2016年2月10日

本人が能力を回復していない以上,後見手続を終了させることは出来ません。ただ,一方的な解任は出来ませんが,現在の後見人に辞任してもらって(裁判所の許可がいります),報酬を受け取らない親族後見人(次男とか)を選任してもらうことが可能かも知れません。裁判所にご相談してみたらいかがでしょうか。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

会員登録で弁護士・税理士などへ無料相談!

オール相続は、人の専門家が登録する日本最大級の「相続・終活」の情報ポータルサイトです。

会員登録で、マイページから士業への質問を投稿することができ、無料で回答してもらえます。

オール相続のメニュー

ページトップへ

Copyright © 2017 All Partners Inc. All Rights Reserved.