menu

相続の専門家を検索

タワーマンションを買ってはダメ?

つがもねえさん 2016年2月13日 東京都

先日、ニュースでタワーマンションを活用した相続税対策に対する対策を政府が打ち出そうとしているという話がありました。以前から相続税に関心があったので、そんな方法があることは知っていたのですが、今になって興味がわきました。タワーマンションによる節税策とはどのようなものなのでしょうか。また、対策が講じられるとなると、今からこの方法を利用しても意味はないでしょうか。

回答日:2016年2月13日

つがもねえさん
お答えします。
現金1億円も1億円のマンションも価値は同じです。
しかし、相続税の課税相続価額はマンションの方がかなり少なくなります。
これは、一般的に相続税評価額は時価(実際の売買価格)よりも低い金額が認められるので、事実上の資産価値は変わらなくても節税が可能という訳です。
マンションは、土地と建物に区分して評価されますが、建物の評価額は、固定資産税評価額によります。土地は、マンション敷地の総面積を専有部分の面積割合によって各戸の持分が決められているとすれば、マンションの階数が高ければ高いほど各戸の土地の持分は小さくなり、自ずと土地の評価額も低くなります。
このことから、タワーマンションは、評価減が大きく、相続対策上、有効であると言えます。また賃貸や売却が円滑であることなど運用面、換価性でも利点が多い資産といえると思います。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.