menu

相続の専門家を検索

被相続人の連帯保証について

soblockさん 2016年2月14日 京都府

連帯保証人となっている被相続人が亡くなった場合、相続人は相続を放棄しても、連帯保証人の立場は放棄できないと聞いたのですが本当ですか。それは遺言書に記しても第三者に対抗できないのでしょうか。もし、そうであるならば、本人が生前中に何かやっておくべきことや対策などありますか。お聞かせいただけますでしょうか。よろしくお願いします。

回答日:2016年2月14日

回答者: 匿名 司法書士,行政書士

相続放棄をすれば、初めから相続人にならなかったものとみなされます。

ですので連帯保証債務も相続しません。

これに対し、相続人が被相続人の保証人になっている場合は、主債務者である被相続人が亡くなっても特段の取り決めがなければ保証債務は残ります。

回答日:2016年2月14日

ありがとうございました。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.