menu

相続の専門家を検索

山などの相続というのは税金がかかるのですか?

ゆめゆめさん 2016年2月24日 宮城県

祖父が山を所有していて、祖父が亡くなったのですが、山などの相続権がどのようにかかるか分かりません。
また、祖父の山の相続は祖母、息子の父、叔父さんのどなたになるのでしょうか。

回答日:2016年2月25日

ゆめゆめさん
まず、山ですが、ここでは地目が「山林」と解しました。山も課税対象の相続財産のはなり得ますが、果たして相続税額が計算されるかどうかは俄かには分かりません。
と申しますのは、相続人が3人であれば、相続税の基礎控除は4,800万円ですから、相続財産の全体の評価額がこれ以下であれば相続税は課税されません。さらに言いますと相続財産は例えば、山だけに限定しないで全相続財産を対象にして計算します。居宅敷地など他の財産の評価が高ければ相続税は結果的に山にも課税されることになります。
相続財産すべてを把握することが大事です。
法定相続人は、配偶者(お祖母様)、子(お父様及び兄弟)ですが、具体的に山は誰が相続するかについては、遺言がなければ、相続人全員での話し合いによって決めることになります。通常この時、「遺産分割協議書」を作成することになるかと思いますが、これがなければ、所有権移転登記を行うことになります。

回答日:2016年2月29日

山を誰がどう管理していたのかわかりませんが、管理維持が必要であればそれを前提に分け方を協議する必要があるかと思います。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.