menu

相続の専門家を検索

相続税には小規模宅地に関する特例があると聞きました。

工藤さん 2016年2月26日 東京都

相続税には小規模宅地であれば特例があると聞きました。都内に一戸建てを持っているほとんどの人は相続税を払わないといけないと聞いていて、不安になっています。
財産が自宅と土地位しかないため、相続税がかかるのであれば生前贈与や名義変更をどうするかを考えなければなりません。
具体的にどれくらいの規模であれば特例に該当し、どのような補助を受けることができるのでしょうか。

回答日:2016年3月11日

工藤さん
先ず、推定相続財産の評価を行い、現状の税額を知ることが先決です。
税額が分からなければ、対策や特例の適用検討も無意味となります。
「小規模宅地の評価減」の特例を受けようとする場合、土地の規模は、どんなに大きくてもいいのですが330㎡まで、評価額を80%減額することができるというものです。
もう一つクリアすべき問題があります。被相続人と同居していた人が居宅敷地を相続して、引き続き居住するのであれば、まずは問題はないのですが、居宅敷地に居住しない人が引き継ぐとなると問題となります。
ご参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.