menu

相続の専門家を検索

父の死後3ヶ月を過ぎてからの相続放棄について

まこさん 2016年3月2日 東京都

半年前に父が亡くなったのですが、その際は住居も借家でしたし特に父に財産はないと思っていました(プラスもマイナスも)。ところが先日消費者金融から父宛に生前の借金についての通知書が届き、また遠縁の親族からも借金をしていたことが発覚し困惑しております。
この場合、今からでは相続放棄の手続きを行うことは不可能なのでしょうか?

回答日:2016年3月2日

まこさん初めまして。
相続放棄の申述期間は、被相続人が死亡し、かつ自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内と一応されています。
今回、消費者金融から借金に関する通知が届いて、初めてまこさんは自己のために相続の開始があったことを知ったと、主張できる余地はあるものと考えます。
まずは、なるべく早めに、相続放棄の可否、相続財産の調査及び同調査のための熟慮期間の伸長も含めて、弁護士又は司法書士の方のところに直接ご相談に行かれた上、手続をなさることをお勧めいたします。
ご参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続手続き」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続手続き」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.