menu

相続の専門家を検索

未需給の年金の相続について

老後が不安さん 2016年3月5日 大阪府

まだ受け取っていない年金は遺族が相続が出来ると言う話を聞きました。
これは、まだ受け取っていない年金があることがわかった場合、時間をさかのぼって遺族が請求できることや受け取ることができると言う解釈でよろしいでしょうか。
また、この場合は相続税がかかるのでしょうか。年金記録の問題ではがきが届いたことがあり、不安に思っています。

回答日:2016年3月7日

回答者: 匿名 行政書士

①受け取ることができる年金は遺族として、請求できると思います。
②年金は、未支給年金・支給漏れ年金であっても、請求権をもつご遺族の個人の権利ですので、相続財産には該当しません。遺産分割の対象にならず、相続税の対象にもならないのが原則です。未支給年金は相続税ではなく、受給者の一時所得となるとされています。(所得税の対象)

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税」に関する他の記事

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

ページトップへ

Copyright © 2017 All Partners Inc. All Rights Reserved.