menu

相続の専門家を検索

遺言書が無効になる場合とは?

桜もちすけさん 2016年3月8日 大分県

私の家は、畑など土地はある程度あるものの財産はそんなにありません。
しかし大切なことですので今回質問したく思いました。
最近気になってきたのですが相続というと、遺言書がまず重要になってくると思います。
私の父はそういったことはしっかりしているので大丈夫だと思うのですが、ちゃんと書いたのに遺言書が無効なんて場合はありませんよね?
せっかく書いたのに伝わらないのはさすがに無念というか…ちょっと不安にも思えますので教えてください。

回答日:2016年3月8日

桜もちすけさん初めまして。
桜もちすけさんのお父さんが作成された遺言書が、公正証書遺言の方式で作成されていた場合には、専門家である公証人が作成するので、方式違背の可能性は少なく、無効になる可能性も低いです。
他方自筆証書遺言の方式で作成された場合は、日付・全文・氏名を自書、押印し、誤記を訂正する場合にも厳格な方式が定められているので、方式に違背している可能性もなくはなく、場合によっては無効となる可能性も少なからずあります(遺言の内容自体が簡潔なものであれば、方式違背はないとは思いますが。)。
まだ、遺言書を作成されていないのであれば、専門家(弁護士・司法書士・行政書士・税理士等)に原案の作成・チェックを依頼するか、公証役場に行き公正証書遺言を作成されたほうが、不安は解消されるとは思います。
ご参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.