menu

相続の専門家を検索

連帯保証人だった夫が亡くなった場合の遺産について

MASAさん 2016年3月10日 東京都

連帯保証人が死亡した場合について、教えてください。
主人が私の知らない間に、(主人の)兄の借金の連帯保証人になっていました。もし主人が亡くなって兄が借金を返せなくなった場合は、連帯保証人の妻である私が支払う必要があるのでしょうか?
保証人になっている金額が大きく、主人の遺産では到底支払うことができそうにありません。
このような場合は、私が相続放棄をすればいいのでしょうか?

回答日:2016年3月11日

MASAさん初めまして。
万が一ご主人に何かあった場合は、ご主人が負っていた連帯保証債務が通常の連帯保証債務(身元保証等の一身専属的なものでない場合)である場合には、相続により、同保証債務を相続人であるMASAさんは、法定相続分に応じて承継します。
ご主人がお兄さんより先に亡くなった場合でも、おそらく債権者は連帯保証人から相続人を外してくれることはないと思います。
ご主人のお兄さんが、借金を完済してくれれば何も問題はないと思いますが、返済が出来なくなった場合には、まずは相続財産をしっかりと調査し、その上で相続放棄も視野に入れるとよいのではないでしょうか。
その際には、専門家(弁護士又は司法書士)の方のところへご相談に行かれることをお勧めいたします。
ご参考になれば幸いです。

回答日:2016年3月17日

取りあえず保証の内容を確認する必要がありそうです。また主債務者(兄)の資産の確認も必要でしょう。十分な資力があれば保証人まで責任が及ばないこともあるかもしれません。ただ法的に主債務者に先にと言う制約はないので、債権者はいざとなれば同時に請求をすることにはなるとは思います。それぞれの相続開始の後先によって状況が変わってくるはずなので、その時に改めて相談してみてはいかがでしょうか。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続放棄」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続放棄」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.