menu

相続の専門家を検索

借地権は相続税の対象?

mametaさん 2016年3月10日 東京都

母は数十年間、借地に住んでいます。
母には預金も少なく、財産といえば借地権くらいです。
都心の一等地なので借地権が資産となるならば、母が亡くなった時に相続税が相当な額になるのでは? 私自身も預金がないので相続税が払えるか?と心配しています。
借地権は相続税の対象になるのでしょうか?
相続税の対象になるならば、借地権の資産価値はどのように計算されるのでしょうか?

回答日:2016年3月11日

mametaさん
お答えします。借地権は、資産であり、相続税の対象となります。
借地権の評価は、借地権割合に関係してきます。つまり、借地権は、土地の評価額に借地権割合を乗じて計算します。因みに土地(更地)の価額が5,000万円で借地権割合が60%であれば、借地権の評価額は、3,000万円ということになります。
土地の相続税評価額は、国税庁のホームページにおいて無料で閲覧することができる「路線価図」で確認することができます。
東京都内であれば、ほとんどの地区の路線価図があり、土地の1平方メートルあたりの評価額のほか、借地権割合まで分かりますから、誰でも自分の借地権の評価額を知ることが可能となっています。
ご参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.