menu

相続の専門家を検索

兄弟姉妹の相続権について

梅と桜さん 2016年3月25日 北海道

亡き夫には妻(私)のみで子どもがいませんでした。しかし夫には兄弟姉妹は多いです。例えば年の離れた妹もいます。兄弟が多い分、ケンカが絶えずこの妹とは20年くらい疎遠になっています。法律のことはわからないので調べてみると兄弟や姉妹は遺産相続の第3位になるそうです。遺言書はありません。相続はどうなるのでしょうか?

回答日:2016年3月27日

梅と桜さん初めまして。

ご主人がお亡くなりになったとのことで、その際の相続人となる者ですが、梅と桜さんのご主人との間にお子さんやお孫さんがいない場合は、ご主人の直系尊属、直系尊属がいない場合はご主人の兄弟姉妹が、梅と桜さんとの共同相続人になります。
そして、ご主人の兄弟姉妹の方の中に既に亡くなられている方がいる場合には、その子すなわち梅と桜さんからすれば甥っ子さん又は姪っ子さんにあたる方に限って代襲相続人となります。

次に、今回ご主人の遺言書がない以上、法定相続となり、ご主人の相続財産は、現在梅とさくらさん及び他の相続人の方との共有状態になっています。
この共有状態いわゆるシェアしている状態を解除するためには、遺産分割を行うほかありません。
この点、遺産分割をせずそのまま放置しておくことも可能ですが、その場合後にどんどん相続人が増えていき、故にまとまるものもまとまらなくなる可能性があるのであまりお勧めはいたしません。

遺産分割を行うには、相続人全員で協議又は調停・審判等を行うことになります。
なお、預貯金等の可分なものに関しては、それぞれ法定相続分に応じて相続開始時に帰属することになり遺産分割の対象とはなりませんが、それでも銀行等の金融機関は、自己の持分を払い戻しするにあたっても、相続人全員の同意書や印鑑証明書等を要求してくるところがあります。
このことから、相続人全員で話し合うことはいずれにしても必要になってくるかとは思います。

最後に、今後の相続に関して不安なお気持ちでいっぱいでしょうし、相続人の確定や相続財産の確定も必要ですから、まずはお近くの専門家(弁護士、司法書士、行政書士及び税理士)の方のところにご相談にいかれることをお勧めいたします。
ご兄弟同士あまり仲が良くないとの記載もありましたので、遺産分割を行うに当たっては調停になる可能性も高いので、最初から弁護士の方の所にご相談に行かれたほうが早いかもしれません。
ご参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.