menu

相続の専門家を検索

銀行に提出する書類について

kimiさん 2016年3月25日 東京都

銀行の預金を相続する時に、亡くなった人の登記簿謄本が必要だと言われました。いま、私の手元には、亡くなった本人の住民票があり、それでは亡くなったことが証明されているのですが、この書類では銀行は受付してくれないのでしょうか?手数料もかかりますし、せっかく住民票は取って来たので、これで用が足りるならと思っています。

回答日:2016年3月27日

kimiさん初めまして。
被相続人名義の預貯金等の解約又は名義書換手続に要する書類は、各金融機関によってまちまちですし、誰がどのような権限によって行うかによっても異なってきます。

遺産分割前に共同相続人全員による払戻請求を行う場合に一般的に必要とされる書類は、①払戻依頼書(相続人全員の署名及び実印の押印のあるもの)、②相続人全員の印鑑証明書、③相続人の戸籍謄本及び被相続人の除籍謄本、④被相続人の預金通帳及びカードです。

口座名義人が死亡したことを証する書面として、せっかく取得された住民票を変わりに用いたいと思うお気持ちは十分わかりますが、金融機関によって要式が決まっている場合があるので、代用はできないとの回答を受ける可能性もあります。
ですので、手続を実際に依頼される金融機関の支店にまずは直接お問合せの上必要書類を確認してから手続なされることをお勧めいたします。
ご参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続手続き」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続手続き」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.